岡本  壮太
Sota Okamoto

神奈川県出身。

8歳より正戸恵美子バレエスタジオ、東京バレエ学校にてバレエを始める。

2003年文化庁新進芸術家国内研修生として研鑽を積む。

2005年ドイツ・ベルリン州立バレエ学校入学、2009年に同バレエ学校及びベルリンErnst Busch大学バレエ科を卒業。Bachelor of arts取得。

同年より、メクレンブルグ州立劇場シュベリンバレエ団入団し、活躍。

2014年日本に拠点を移し、Noism1に所属。

2015年東京バレエ団入団。ブルメイステル版「白鳥の湖」「ドン・キホーテ」「くるみ割り人形」などの古典作品のほかに

モーリス・ベジャール振付「春の祭典」「ザカブキ」「ボレロ」「中国の不思議な役人」「くるみ割り人形」、

ローラン・プティ振付「アルルの女」など現代振付家の作品に多数出演。

シルヴィ・ギエムファイナルツアーをはじめとする国内ツアー、イタリア、ドイツほか、海外ツアーにも参加。

また、中村恩恵振付「7つの短編」、第31回武蔵野シティバレエ定期公演、風間無限主催のアートカンパニーBroccoliの活動に参加するほか、「The Door」「E1NS. 2WEI. DR3I.」など、自身の振付作品を上演。振付家としても積極的に活動している。

2018年3月に東京バレエ団を退団後も、ダンサー・振付家としての活動と合わせて、クラシックバレエ及びコンテンポラリーダンスのクラスやワークショップの講師、風間無限演出・振付「くるみ割り人形」にバレエマスターとして参加するなど、活動の場を広げている。

© 2018  Broccoli Studio  All Rights Reserved.